快適なスタディスペースで仕事も、家事も、勉強も

松戸の家 2階書斎。カウンター前の障子を開けると吹き抜けを通して1階リビングとつながります
「松戸の家」のスタディースペース。2階の吹き抜けに面したところにあります。

新型コロナウィルスの影響で、自宅勤務をすることになった方もいらっしゃることと思います。
しばらくはこの状況が続きそうですし、お仕事の内容によりますがこの状況が収束した後も、家でお仕事をすることになる方が少しずつ増えていくかもしれませんね。

お仕事用にひと部屋つくるようなスペース的な余裕はなくても、居間や食堂の一角にカウンターや本棚をつくって家族共用のスタディスペース(書斎スペース)をつくると仕事ができる場所になりますし、それ以外にも活用できて便利です。

ダイニングの一角のスタディースペースで家事も便利に
「大宮の家」 ダイニングの後ろのキッチンからすぐ近くの場所にスタディコーナーがあります

上記の写真はマンションリノベーション「大宮の家」のダイニング。キッチンから横向きにつながったダイニングテーブルがあり、そのすぐ後ろにカウンターと本棚を造り付けたスタディースペースがあります。

キッチンからすぐ近い場所にあるので、料理の本を置いておいたり、時間をかけて煮込んだりする料理の際に、ちょっと他の作業をすることもできて便利です。

この事例ではカウンターの幅は約2m45cmです。このくらいの幅があると2人並んで同時に使う場合にも十分な広さですし、プリンターやFAXなどを置く場所をとることもできます。
(プリンターを使う頻度が多くない場合は、無線でパソコンと接続してもっと目立たない場所に置き場所をつくり、スッキリさせるのもいいですね。)

カウンターの奥行きは45cmです。これは隣にある食器棚の奥行きにあわせて、それよりも出っ張らないようにしました。そこで行う作業の内容にもよりますが、一般的なパソコン作業やノートに文字を書いたりなどであれば、45cmから50cm程度の奥行きがあると使いやすいと思います。

参考に。私が仕事をする際には、パソコンに向かって図面をかいたりしつつ、その手前にA3サイズ(奥行き約30cm)の紙を広げることも多いので、カウンターの奥行きをちょっと広めの60cmにしています。こういった使い方は多くはないかもしれませんが、例えば洋裁で布を広げるので奥行きを広くしたいなどある場合は、あらかじめ寸法をよく検討しておくといいですね。

「日進の家」もダイニングの後ろにスタディースペースがあります。

カウンターの下に引き出しをオーダーでつくることもありますが、今後使い方が変わることもありますし、費用を抑えたいという場合もあるので、そんな時には例えば無印良品のデスクキャビネットなどの既製品の引き出しをおすすめすることもあります。作業時に引き出せば袖机にもなるので便利です。

「初台の家」 ダイニングテーブルの後ろにつくったスタディーコーナー。キッチン前にもハイスツールに座って使うカウンターがあります。

カウンターがあれば椅子も必要になりますが、この配置の場合にはカウンター専用の椅子を用意しておかなくても、ダイニングテーブルで使っている椅子を反対に向ければすぐ使えるので、椅子をたくさん用意しておかなくても大丈夫です。

その場合スタディースペースのカウンターの高さは、テーブルの高さにあわせておくとどちらでもちょうど使いやすくなります。体形にもよりますが、一般的にはテーブルやカウンターの高さは70cmくらいが使いやすい人が多いと思います。

対面キッチンの前につくるカウンター
「館林の家」 キッチン前にカウンターがあり簡単な食事などにも便利。

上の写真の「館林の家」では、対面キッチンの前にカウンターをつくりました。
奥様がキッチンに立っている際にもおしゃべりしたり、コミュニケーションがとれるのがいいといころです。

この家ではキッチンの手元部分はダイニング側から隠れるようにしたいということで、高さ20cmの立ち上がり壁をつくっています。通常のままでそうすると、カウンター側に座っている人から見た時に立ち上がり壁が高すぎて圧迫感があるので、ここではキッチンの床を他のところよりも15cm低くしています。
そうすることでキッチン側にいる人との目線が自然な高さになりつつ、両方の手元も隠れてちょうどよくなりました。

このカウンターは奥行き40cmです。この家ではリビングの奥に仕事用の小さな部屋があり、このキッチン前のカウンターはそんなに大きくする必要はないのでこのサイズ。軽い食事をしたり、ちょっと本を読んだりするには十分な広さです。

リビング・ダイニングからは少し離れた落ち着いた場所に
「立川の家」 階段室からスタディースペースを見たところ
本棚とカウンターを造り付けで製作

リビングやダイニングの一角だと周りに人がいて落ち着かないという場合には、少し離れたところにスタディースペースつくります。上の写真の「立川の家」は1階がLDKと水廻り、和室で2階に寝室と子供部屋があるという家ですが、2階の階段ホールを少し広くとってスタディスペースにしました。北側の窓に面しているので1日中安定した明るさがあります。

完全な個室だと寂しいし、子供の様子がわからなくなってしまうのが心配。けれども集中できるような場所がいい、というような場合にはぴったりです。

タタミコーナーに足を下せる堀座卓式のカウンターをつくる
「三郷の家」 タタミコーナーに足が下ろせるカウンターをつくりました。

「三郷の家」では、1段高くなったタタミコーナーの一部に、足が下せるようにしたカウンターをつくりました。
この家では床や棚などの家具には杉板を使っていますが、カウンターや家具の天板には傷がつきにくいように広葉樹のナラを選びました。場所や使い方により適材適所を考えて、樹種を使い分けています。

この家では大きめのパソコンを置くことを考えて、カウンターの奥行きは55cmです。すっきりさせるために造り付けで本棚をつくり、照明は間接照明として器具が見えにくいようにしています。

もちろんしっかりと専用の仕事用の個室をつくる場合もありますが、なかなかそのスペースがとることがむずかしい場合も多いので、このようなちょっとしたスペースを使った作業空間をあらかじめ考えておくと、快適な暮らしにつながると思います。