松戸の家

薪ストーブを囲んでくつろぐリビングスペース。ピザを焼いたりと料理も楽しめるストーブです。

周囲には新しく開発された住宅が立ち並んでいる敷地に建つ新築の家です。敷地を探している段階からご相談をいただき、いくつかの敷地を検討する時期を経て決定した敷地です。
ゆとりのある敷地には南北両側の庭スペースに加えて、菜園スペースもあり、野菜やハーブを育てていらっしゃいます。

廊下から玄関を見たところ。天窓があり明るい。

廊下からダイニングへつながる廊下

敷地の西側にある玄関は、隣家がすぐ近くに建っており大きく窓とることができないので、ホールにトップライトをつけて明るくし、その光を玄関まで呼び込んでいます。玄関扉は木製で製作したものです。

玄関の横にウォークインの収納があり、そこから台所へ直接入ることができるようにもなっていて、荷物が多い時やゴミ出しの際には、ダイニングや廊下と通らなくても近道ができるのでとても便利です。

リビングからダイニング・キッチン方向を見たところ。襖を全開にすると和室、廊下もひとつにつながります。

リビング・ダイニングと2階の寝室・書斎とは吹き抜けを通してつながっていて、1階の薪ストーブ1台で家中があたたかくなります。吹き抜けで天井が高いリビングがあるので、そこにつながるダイニングや和室の天井高さを少し低く抑えて空間にメリハリをつけることにより、リビングの広がりを感じるようにしています。

リビングからつながる和室は、天井いっぱいまでの高さの引き戸を閉めると客間として使うこともできますが、普段は引き戸を壁に引き込むとリビングや廊下とつながり、南にも北にも庭が広がる大きなスペースになります。

本棚やカウンターを造り付けた2階の書斎。奥には同様に吹き抜けに面した寝室があります。

建築概要
建築地:千葉県松戸市
構造規模:木造(在来)地上2階建
敷地面積:277.96㎡(84.08坪)
延床面積:96.26㎡(29.12坪)
用途:専用住宅
世帯:夫婦
施工:中野工務店
完成:2014年11月

タグ: ・ストーブ ・吹抜け ・庭を楽しむ