2年間

5月より工事がはじまった「河口湖の家」

先週ようやくお引渡しの日となりました。
最初にご連絡をいただいて、初めてこの河口湖の敷地を訪れたのがちょうど2年前のことでした。

思っていたよりも寒い場所でしたが、空気が澄んでいたのでそこから見える富士山の眺めがとてもよく、ここでの楽しい暮らしを思い浮かべながらワクワクしたことを思い出します。

一般的には住宅の設計から工事が完了するまでの期間は1年から1年半くらいまでのことが多いのですが、この場所は冬にとても寒くなる地域でその季節に着工して基礎をスタートさせることがむずかしいため、そのあたりの事情や予算調整などの期間もあり、今回はちょうど2年かかりました。

少し時間はかかりましたが、その間にそれぞれの季節の気候を体験したり、じっくりと設計を検討して詰める時間がとれましたので、丁寧に家づくりを進めることができたと思います。

写真撮影:小泉一斉

前の記事

フローリングのいろいろ

次の記事

木製サッシ