キッチンのタイル

先日、残工事の打ち合わせに「三郷の家」に伺ってきました。
お引越しからまだ日が浅いのにどこもすっかりきれいに片付いていて、待望の大きなTVもありました。
こうやって暮らしがはじまった様子を拝見して、ようやく少しホッとしてきました。

遅れていたキッチンのタイルの工事が終わっていて、とっても明るいかわいいキッチンになっていました。
注文生産品のタイルで時間がかかってしまい、お待たせしてしまって申し訳ありませんでしたが、とってもとってもいい色です。奥様にもこれにしてよかったと喜んでいただきました。

引越し前に住まわれていた家でも、キッチンのタイルは奥様が選ばれたというオレンジ色で、明るく印象的な場所でした。
新しい家でも楽しい気持になれるようなキッチンをと思っていたので、喜んでいただけて、私もとてもうれしくなりました。

この場所以外でもタイルや壁の色、金物などについても、みんなで何度もあれこれ相談しながら検討してひとつずつ決定していきました。

おすすめの素材などはありますが、その方その方によって好みや生活はいろいろなので、その家にいちばんいいものを何度も打合せを重ねながら決めていくことで、長く愛着のわく家になると思いますし、そのあれこれ悩んでいる時間も楽しいなと思うのです。

本当は他にもお風呂などこだわりの詰まった場所もあるのですが、まだ写真が撮れていないのでまた後日ご紹介できればと思います。

前の記事

今年の初めに