オニグルミの家具

7月に竣工してお引渡しをした「立川の家」。
この家ではたくさんの国産無垢材を使用しています。

カウンターや棚板などには、一般的には集材材(断面寸法の小さな木を接着剤でつなぎ1枚の板のように加工したもの)を使用することが多いのではないかと思いますが、いろは設計室ではできる限り無垢板を使用しています。

「立川の家」のカウンターや家具の材料はオニグルミ。昨年丸太で購入して製材し、乾燥させていた材料です。

ダイニングテーブルやTVボードだけではなく、造り付けのキッチンカウンターやその周囲も同じ木でつくったので、家全体に統一感がでていて自然な感じです。

前の記事

次の記事

高速道路の夜景