「荻窪の家」完成しました

マンションリフォーム「荻窪の家」の見学会にお越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。

残りの工事もほぼ終わり、お引渡しが終わりました。

今回の工事は築20年のマンションの仕上げや設備配管などをすべて一度解体・撤去して、すべてを新しくつくる「スケルトンリフォーム」という方法のリフォームです。

こうすることによって仕上げの材料や設備機器を新しくするだけではなく、間取りの変更も可能になります。
今回はもともとの間取りでは2つにわかれていた部屋をつなげて廊下を最小限にすることで、暮らしやすく広がりのある間取りへと生まれ変わりました。
床の高さを調整・検討することでキッチンの位置を変更したことが大きなポイントです。

ムクの木や自然素材を使った気持ちのいい家になりました。

次の記事

夏本番