ぐるぐるまわれるプラン

現在工事中の大宮のマンションリノベーション「大宮の家」。
壁、天井の左官仕上げも終わり、設備機器の取り付けなどが進んでいます。

リノベーション前は細かく部屋が区切られていて、せっかく南北に窓があるのに風通しがあまりよくなく、使い勝手も特にいいわけではない一般的な間取りでした。
新しいプランではそれぞれの場所へあちこちから行ける、ぐるぐるとまわれるプランになりました。
ということでタイトルは「ぐるぐるのおうち」。
ぐるぐるまわれることによって、家事がとてもしやすい家になったと思います。

トイレのドアはご希望により開き扉なのですが、それ以外はすべて引き戸になっていますので、開けっ放しにしておいてもじゃまにならずにすっきり。
空調をきかせている時期や寝ている時間以外は、戸を開けておくことが多いと思いますので、引き戸は便利でとてもいいですね。

壁・天井の珪藻土(左官壁)やタイルは、建主の方と一緒にあれこれ打ち合わせをしながら決めたもの。それがだんだんと実際に出来上がってくる様子は本当にワクワクします。
まだまだ建具の取り付けや塗装が残っていますが、完成まであと少しです。

次の記事

窓の高さ