LEDの灯り

上の写真は日本橋の夕方の景色です。
このあたりはどんどん開発されて新しい街にかわっていっていますが、一方でいい古い建物も残っていて、散歩していてもおもしろいところです。

最近は住宅だけでなく、街中の照明もLEDが中心になってきていますね。
LEDが出始めた頃は、色合いも明るさもとてもなじめるようなものではないと思っていましたが、どんどんと進化していて、かなり白熱灯に近い色になってきています。

そしてLEDが一般的になってからは、街中で上の写真のような、間接光できれいに照らされた建物を見かけるようになりました。クリスマスのイルミネーションもあちこちで行われていてとっても楽しいですよね。
住宅でも間接光が使いやすくなってきました。

とはいえ、白熱灯のあの暖かみのある色や雰囲気にはまだまだなので、もっといいLDE照明がはやくできてほしいです。

前の記事

初詣で成田山へ

次の記事

東京マラソン