部屋のカタチがわかるように

工事中の「三郷の家」では引き続き木工事が行われています。断熱材を施工したりするとともに、室内の天井や壁の下地が組まれてきていて、それぞれの部屋のカタチがわかるようになってきました。

建主さんにも現場に来ていただいて、仕上げの色を決定したり、ロフトの高さを確認していただいたりしました。
この後は建具の枠を取り付けたり、家具を製作したりする工事があるのでまだまだ木工事が続きます。