木の皿

3年前の松本クラフトフェアで手に入れた木のお皿。

毎日使うわけではないけれど、ときどき乾いてきたらオイルを塗ったりして、時間が経つほどいい風合いになってきています。

私はあまりマメな方ではないので、日々きちんと手入れすることが得意ではないのですが、それでもなぜか突然無性に革製品や木の器をみがきたくなる時があり、そうするとモノはきちんとそれをよろこんでくれて。

そんな時間を重ねるごとに、だんだんといい感じになっていき、愛着がわいてきます。

私が設計している家には、ムクの木を多く使っていますが、プラスチックなどの建材でつくられたものに比べると、気持ちよく住み続けていくには、やはり手入れが必要になってきます。

みがいてあげたり、塗装してあげたり。

そんなにいつもいつも頻繁にメンテナンスをしなくても大丈夫ですが、その丁寧に接する気持ちに、きっとモノも応えてくれるのだと思います。

次の記事

はじまりました