toggle
2019-03-23

タブレット

24年前にこの仕事を始めた頃、図面は手書きでかいていました。
線を引いたり文字を書くところから練習して、少しずつかけるようになっていきました。

世の中にパソコンがかなり浸透してCAD(パソコン)で図面をかく人が多くなってからも、しばらくは手書きでしたが、現在はほとんどの図面をCADでかいています。
それでも最初の計画を考える時や、プレゼンテーションの図面については今でも手書きです。

そしてだいぶ世の中の流れからは遅れていますが、昨年からはようやく仕事でもタブレットを使うようになりました。

打ち合わせの時に写真や資料を相手にお見せしたり、カタログを見たり、調べものをしたり、メモをとったり、資料チェックしたり。
ストックしてあるこれまでの図面や資料を外出先で見ることもできるし、とても便利に使っています。

仕事以外でもかなり便利でいいですね。今更ですが(笑)。
使う前は電子書籍なんて読みにくいから使わないだろうと思っていましたが、かなり使っています。食わず嫌いってホントもったいないですね。

ということで、最近はあれこれとデジタルの便利さを実感してはいますが、アナログのよさもたくさん体験してきた世代です。
情報を伝える場合でも受け取る場合でも、デジタルの便利さを上手に活用しながらも、アナログのよさも大切にしていきたいと思っています。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA