うつわ

今年の益子の陶器市では、秋谷茂郎さんのこんな白い皿を求め、それからずっと使っているのですが、使えば使うほど、やっぱりいいなぁという思いが更に強くなります。

カタチがシンプルだし、色も白だし、なんでもないような感じなのですけど、ちょっとした角度も、厚みも、大きさも、質感も本当にいいのです。やさしくて、おだやかで、丁寧で、でもはっきりした個性もあって。

使うたびに、自分も(建築で)こんな仕事したいなぁと、つくづく思います。

次の記事

また、ひとつ