ダイニングとデッキのつながり

Q1 : 新築を考えていますが、まだ土地が決まっていません。この段階から相談することはできますか?

A : 可能です、ぜひご相談ください。
検討中の土地に希望しているような家を建てることができるのかどうか、その土地にはどんな法規や規制がかかっているのか、などをアドバイスさせていただきます。
同じ家を建てる場合でも、敷地の条件(上下水道の状況や地盤の強さ、道路の状況、法規など)によって、かかる費用がかわってきます。

敷地への同行や具体的なプラン作成については、いろは設計室への設計依頼をご検討いただいていることを前提としていますので、敷地さがしや同行のみのご依頼は基本的にお断りしています。

Q2 : 設計事務所と、ハウスメーカーや工務店の家づくりはどんなところが違うのですか?

A : 可能です、ぜひご相談ください。
検討中の土地に希望しているような家を建てることができるのかどうか、その土地にはどんな法規や規制がかかっているのか、などをアドバイスさせていただきます。
同じ家を建てる場合でも、敷地の条件(上下水道の状況や地盤の強さ、道路の状況、法規など)によって、かかる費用がかわってきます。

敷地への同行や具体的なプラン作成については、いろは設計室への設計依頼をご検討いただいていることを前提としていますので、敷地さがしや同行のみのご依頼は基本的にお断りしています。

Q3 : 家ができるまでのどのくらいの時間がかかりますか?

A : これまでの事例で考えると、設計のご依頼をいただいてから設計期間が6~8ヶ月程度、工事期間が6ヶ月程度の場合が多いです。
家の大きさやご要望、工事内容によってはもう少しかかる場合もありますので、1年から1年半程度の時間を考えておくのがいいと思います。
また確認申請以外に、時間がかかる申請が必要な場合もありますので、具体的には個別にご相談ください。

Q4 : 工事をする工務店は決まったところがあるのですか。知り合いの工務店に工事を依頼することもできますか?

決まった工務店があるわけではありませんが、これまでの経験から工事場所や工事内容にあわせて、最も適当だと思うところをご提案させていただいています。
私たちの設計する家の工事は、多くの詳細図や家具の図面をみながらつくっていく手間のかかる工事になりますので、そのような工事に対応していただけるようであれば、知り合いの工務店さんへ依頼することも可能です。

Q5 : 工事費はどのくらいかかるのですか?

A : それぞれの家によってご要望や敷地の条件などが違うので、同じ面積でも金額は様々です。使う素材や設備も様々です。
ですのではっきりと工事費をお伝えするのはむずかしいのですが、いろは設計室でのこれまでの事例を面積で割ってみた結果をみると、防火・準防火地域(建物の大半が延焼ラインにかかる)の場合は坪単価90万円から、それ以外の場合は坪単価85万円からが目安となります。
ご要望によってはそれ以下でも可能な場合もありますので、ご相談ください。
(上記金額には、消費税、設計料は含みません。)

建物形状や面積、外構などによってもかわってきますので、詳しくはお問合せください。

Q6 : 設計費はどのくらいですか?

A : 新築工事の場合は、工事費の11%から12%です。(消費税別)
具体的には設計の難易度や面積などにより決定しています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

Q7 : (上記の)工事費以外には、どのような費用がかかりますか?

A : 別途の工事費 : 地盤補強費、解体費、上下水道の引き込み、浄化槽設置費、空調設備機器など
工事前の調査や手続き費用 : 地盤調査費用、確認申請や完了検査の費用、構造計算費用、住宅ローン諸経費、給水負担金など
完成後の手続き費用 : 登記、火災保険、引っ越し費用、税金など

どんな場合にその費用がかかるのか、それがいくらなのかについては状況によりますので、打ち合わせ時に具体的な個々の内容を判断した上で、予算計画書をご提示しています。

Q8 : 構造は木造だけなのですか?

A : 基本的には木造の建物を設計しています。
場合にもよりますが、日本の風土や気候にいちばんあっていることと、他のRC造や鉄骨造と比較してコストが抑えられること、将来的な改修もしやすいことなどが木造のいいところだと思っています。そして何より木が好きだということが大きいです。
例えば傾斜地などで構造をRC造にした方がいい場合など、必要によっては木造以外を選択する場合もあります。

Q9 : 構造はどのように決めているのですか?

A : いろは設計室では、すべての家で構造の専門家による構造計算をおこなっています。
一般的には木造2階建てまでの場合は、壁量計算と金物の検討をする程度の簡単な検討を行っているのみの場合が多いのですが、より安全性を高めるために、専門家による構造計算を行い、構造についての検討を行っています。