家づくりのための土地探しにあたって

家づくりにあたって、これまでに住んでいる家を建て替える場合や親族の所有している土地に建てる場合なども含め、すでに土地が決定している状況から設計のご相談をいただく場合もありますが、特に最近は土地探しの段階からのご相談が増えてきました。

いろは設計室では、土地探しの段階からのご相談にも積極的に対応しております。当方が設計事務所なので具体的に土地のご紹介をすることはできませんが、気になっている土地がある場合には、その土地の状況や法規などを調べた上で、具体的にどんな家を建てることができるのか、かかる予算の目安などをお話して土地購入のアドバイスをしております。

それは、家づくりにかけることができる全体予算の中で、希望するような家を建てる場合にはどのくらい土地に予算をかけることができるのか、あらかじめ検討することが大事だからです。土地の購入に予算をかけすぎてしまって、希望するもの家を建てるには予算が足りない・・・ということがよくあるのですよね。

土地の状況によっては、一般的な土地よりも購入後の工事の費用がかかる場合がありますの、具体的に見ていきましょう。

解体が必要な既存建物がある場合

建物の大きさにもよりますが、一般的な場合には150万円から200万円程度の解体費用がかかります。
土地の前の道路が狭く、大きな車や重機が入ることができない場合や、敷地と道路の高低差がある場合には費用が割り増しになります。

水道の引き込みがない場合、水道の引き込み管が細い場合

敷地に水道が引き込まれていない場合には、新規で水道を引き込む費用が50万円から100万円程度かかります。道路との高低差や、道路のどの位置に水道の本管が通っているのかなどによってかわってきます。

以前に古い家が建っていた場合、水道は引き込まれていても水道管が13ミリと細いことがあります。その場合には20ミリの水道管に引き直す必要があり、この場合も上記と同様に50万円から100万円程度かかります。水道メーターのフタをあけて中を見ると何ミリの水道管かがわかりますので、現地に行った際には確認するか、不動産屋さんに確認してください。

地盤が弱い場合

地盤が弱かった場合には、地盤改良費用が60万円から100万円程度かかります。建てる建物の大きさや、地盤改良の方法、地盤の弱さによってかなり金額に幅があり、土地の状況によってはもっとかかる場合もあります。
購入前に地盤の強さがわかればいちばんいいのですが、一般的には購入前に調査することは少ないと思いますので、実際に土地を購入した後に地盤調査を行います。

ちょうどその敷地の近隣で新築工事がはじまる現場がある場合や、家を建てた方に地盤の状況を聞ける場合はそれも参考になります。
といってもなかなかそんな都合のいいことばかりでもないと思いますので、下記の地調査会社のホームページでは、これまでにその会社で調査した際のデータ(地盤が良好か軟弱か、改良を行っているかなど)を見ることができます。

おおまかなデーターではありますが、周囲の土地にどんな結果が出ているのかをみることで、全くデーターがない場合よりは予想できることが増えてきます。参考にする場合は、隣の敷地でも地盤の強さが違う場合もありますので、あくまでも目安にするだけ、ということに注意してください。

上記ページの中の「地形でみる軟弱地盤マップ」をクリックします。


役所によっては近隣の地盤データーを見ることができる場合がありますし、近隣に住む方の話や昔の航空写真などを見ることでその土地の地歴がわかることがあります。例えば現在は宅地になっていても、昔は川や池、水田であった場合は、軟弱な地盤です。

また多くの役所ではホームページ上でハザードマップを掲載しています。それを確認することで液状化の危険地域に指定されているかどうかなどを知ることができます。それによっては対策の必要があることもありますので確認しておきましょう。

道路や隣地との高低差がある場合

現在ある擁壁の安全性が確認できず、新たに擁壁をつくらなくてはいけない場合には、状況により差がありますが300万円以上、もしくはもっと多額の費用がかかります。
また安全性が確認できて擁壁の新設の必要がない場合でも、敷地と道路に高低差がある場合は、材料の搬入や工事の際に通常よりも手間がかかるため、工事費用が高くなります。

前面道路が狭い場合

前面道路の幅は2.5m以下の狭い道路の場合には、工事車両の進入が困難になるため工事費用が割り増しになる場合があります。その敷地の前はすでに広い道路になっている場合でも、そこに入ってくる途中に狭くなっている場所(まだ道路後退をしていない家があるなど)がある場合にも、工事車両が入ってこれないので同様です。

以上のような土地の場合、一般的な土地よりも追加で費用がかかってきますので、土地探しの段階でそれも含めた予算の検討を行うことが大切です。

土地探しの段階でご相談にお越しいただいた方には、上記のような土地によってかかってくる費用や、その他の諸費用や建物の工事費などを含めた家づくり全体の予算シミュレーションをしながら、土地購入のアドバイスを行っています。

まだ土地の決まっていない段階からのご相談も大歓迎です。
毎月2回「住まい相談会」を行っています。

現在の状況を考えて対面の他、オンラインでのご相談もお受けしておりますので詳しくは下記を。