リノベーションってどんなことができるの?

マンションリノベーション「大宮の家」のキッチンとダイニング
リフォームとリノベーションの違いって何?

最近は一般的なテレビ番組やネットなどでも「リノベーション」という言葉が使われることが多くなってきました。
似た言葉には「リフォーム」もあり、どちらも古くなった建物を直す工事のことですが、その2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

「リフォーム」とは、壁紙や床材などの張替えや設備機器の交換など、古くなった建物を新築の時の状態に戻す部分的な修繕のことです。
一方「リノベーション」は、古くなった建物の性能や機能を向上させるだけではなく、さらに住む人の暮らしにあった住まいに生まれ変わらせて価値を高める全面的な改修のことです。

そしてリノベーションの中でも、 内装や設備をすべて撤去して骨組みだけの状態にし、新しい住まいを一からつくっていくリノベーションのことを「スケルトンリノベーション」といいます。 「スケルトン」とは「骨組み」という意味で、マンションの場合はコンクリートでつくられた構造部分(柱や床や壁など)のことになります。

いろは設計室では、 住む方の暮らしにあった質の高い住まいをつくるために、基本的には改修工事についてはスケルトンリノベーションの設計をお受けしています。
例外としては、建物の築年数が浅く、配管や設備機器などが十分にそのまま使用できる場合には、その部分を残しながら改修工事を行うこともあります。

内装や設備機器を撤去してスケルトン状態にしたところ
リノベーションでできることって?

マンションには共用部分(マンション全体のもの)と占有部分(個人所有のもの)があり、リノベーションができるのは専有部分だけです。
外部に接している部分が共用部分、室内に接している部分が専有部分です。例えばバルコニーは共用部分、玄関扉やサッシは外側が共用部分で内側が専有部分となります。パイプスペース(給排水管やガス管)は室内にありますが、上下階を貫通しているため共有部分です。

ただしマンションによっては、専有部分でもリノベーションについての制約を設けている場合があります。反対に性能向上のためのサッシ交換が認められている場合もありますので、まずは管理規約をよく確認しましょう。

スケルトンリノベーションでは、古くなった専有部分の給排水管や電気配線を新しいものに変更することで、その後も安心して暮らせる住まいをつくることが可能です。 老朽化した給排水管をそのままにしておくと、水が漏れて下の階に被害を引き起こしてしまうこともあるので、リノベーションの際には必ず行うべき大切な工事です。

マンションリノベーション「荻窪の家」 既存のサッシの室内側に内窓を取り付けて断熱性を向上

また古い建物の場合は断熱の性能が十分ではない場合が多いので、 特に北側の部屋などの壁や窓ガラスでは結露が発生したりカビが生えたりしていることも多く、悩んでいる方も多いと思います。
断熱性能が足りない場合には断熱材を追加したり、元からある窓の内側に室内サッシを取り付けたりすることで、断熱性や気密性を高めて快適な室内環境をつくることができます。

スケルトンリノベーションでは元の内装や設備をすべて撤去してから新しい住まいをつくるので、住む人にあわせた暮らしやすい住まいをつくることができます。
現在は、玄関から長く続く廊下の両側に個室や水廻り(トイレ・洗面・浴室)が並んでいてその先にLDKという間取りのマンションが多いですが、家族の人数やライフスタイルの変化などによっては暮らしにくいこともあると思います。既成の間取りではできなかったこと、例えば個室は最小限にして大きなリビングをつくったり、玄関の土間を広くして趣味のスペースにしたり、明るく風通しのいいお風呂をつくったり・・・といったことも、いちから新しくつくるリノベーションでは可能になります。素材についても好みのものを選ぶことができます。

新築マンションでは価格的になかなか手が出せないエリアでも、築年数の経ったマンションであれば価格が下がっているので、リノベーションの工事費を含めても予算内におさまることもあると思います。面積の小さいマンションでも、プランの工夫を積み重ねることで十分な広さに感じさせることも可能ですので、大きいマンションを購入するよりもその分費用を抑えることもできます。

マンションリノベーション「初台の家」 床板は30ミリのムクの杉板です

以上のように、リノベーションのいいところはたくさんあります。以前は内装や設備のリフォーム済で販売されているマンションが多かったのですが、最近は購入後にリノベーションすることも視野に入れて、手直しの入っていない中古マンションが販売されていることも多くなっていますので、住まいの選択肢のひとつとしてリノベーションを考えるのはとてもいいと思います。

ただしマンションの構造や管理規約によっては、リノベーションで行うことができる内容に制限があり、上記のような工事ができない場合もあるので、事前に確認しておくことが大切です。 具体的に検討しているマンションがある場合などは事前のアドバイスも可能ですので、ぜひご相談ください。