基礎工事

千葉県の流山で進行中「森の診療所」の現場。基礎の配筋工事中です。

昔の家の床下は、タタミをあげると土が見えている家が多いと思いますが、そのままでは床下の材料(土台、大引など)が土の湿気の影響を受けてしまいます。

この家は写真のように、床の下に土の部分が見えない「ベタ基礎」という方法の基礎です。現在の家づくりではこの方法が多くなっています。

この後にコンクリートを流して、この鉄筋が見えなくなります。写真の鉄筋の下に見えているシートを入れることで、地面の湿気がコンクリートを伝わって家の床下に入ってくるのを防ぎます。

この日は保証会社の基礎配筋のチェックの日。十分に丁寧な工事をしていただいているので、問題なく検査をクリア。

基礎ができてくるとだんだんと家の大きさがみえてきます。

前の記事

はじまりました

次の記事

ZED