toggle

FAQ (新築)

新築について、よくお問い合わせいただくことをまとめました。
マンションリノベーションについては、こちらのページをご覧ください。

家づくりにあたって

img_0110-w

Q:新築を考えているのですが、まだ土地が決まっていません。
この段階から相談することはできますか。

A:可能です、ぜひご相談ください。
検討中の土地に希望しているような家を建てることができるのかどうか、その土地にはどんな法規や規制がかかっているのかなどをアドバイスさせていただきます。
同じ家を建てる場合でも、敷地の条件(上下水道の状況や地盤の強さ、道路の状況、法規など)によって、かかる費用がかわってきます。

敷地への同行や具体的なプラン作成については、いろは設計室への設計依頼をご検討いただいていることを前提としていますので、敷地さがしや同行のみのご依頼は基本的にお断りしています。



Q:設計事務所と、ハウスメーカーや工務店の家づくりはどんなところが違うのですか。

A:設計事務所に依頼する場合、設計は設計事務所が行い、工事は工務店が請け負いますので、見積金額や工事の内容が適正であるかどうかを、設計者が第三者の立場でチェックできるところがメリットです。
設計中も工事が始まってからも、家を建てる施主の立場にたってアドバイスをすることが、設計事務所の役割だと考えています。

私たちが設計する場合、特に標準仕様や標準プランがあるわけではないので、ひとつひとつご要望や予算を伺いながら、打ち合わせを重ねて内容をつくりあげていきます。
ですので、ハウスメーカーや工務店が設計施工の両方を行う場合に比べると、計画にも見積もりにも長く時間がかかることと、設計についての費用が高くなることがデメリットだと思います。



Q:家ができるまでのどのくらいの時間がかかりますか。

A:これまでの事例で考えると、設計のご依頼をいただいてから設計期間が6ヶ月程度、工事期間が6ヶ月程度(合計で1年程度)の場合が多いです。
家の大きさやご要望、工事内容によってはもう少しかかる場合もありますので、1年から1年半程度の時間を考えておくのがいいと思います。
また確認申請以外に、時間がかかる申請が必要な場合もありますので、具体的には個別にご相談ください。



Q:工事をする工務店は決まったところがあるのですか。
知り合いの工務店に工事を依頼することもできますか。

A:決まった工務店があるわけではありませんが、これまでの経験から工事場所や工事内容にあわせて、最も適当だと思うところをご提案させていただいています。
私たちの設計する家の工事は、多くの詳細図や家具の図面をみながらつくっていく手間のかかる工事になりますので、そのような工事に対応していただけるようであれば、知り合いの工務店さんへ依頼することも可能です。

費用について

img_0095-w

Q:工事費はどのくらいかかるのですか。

A:それぞれの家によってご要望や敷地の条件などが違うので、同じ面積でも金額は様々です。使う素材や設備も様々です。
ですのではっきりと工事費をお伝えするのはむずかしいのですが、いろは設計室でのこれまでの事例をもとに考えると、
防火・準防火地域(建物の大半が延焼ラインにかかる)の場合は坪単価85万円から、それ以外の場合は坪80万円からが目安となります。
(上記金額には、消費税、設計料は含みません。)
ご要望によってはそれ以下でも可能な場合もありますので、ご相談ください。



Q:(上記の)工事費以外には、どのような費用がかかりますか。

A:状況によっては下記の費用がかかります。

別途の工事費 : 地盤補強費、解体費、上下水道の引き込み、浄化槽設置費、空調設備機器など
工事前の調査や手続き費用 : 地盤調査費用、確認申請や完了検査の費用、構造計算費用、住宅ローン諸経費、給水負担金など
完成後の手続き費用 : 登記、火災保険、引っ越し費用、税金など

どんな場合にその費用がかかるのか、それがいくらなのかについては状況によりますので、
打ち合わせ時に具体的な個々の内容を判断した上で、予算計画書をご提示しています。



Q:設計費はどのくらいですか。

A:新築工事の場合は、工事費の10%から12%程度です。(消費税別)
計画の内容や面積などにより決定していますので、具体的には打ち合わせの際にご説明しています。

素材について

yuka

Q:どんな素材を使っているのですか。

A:できるだけ自然素材や、環境や身体に負荷の少ない素材を使うようにしています。
現在多くの家で使われているビニールクロスや合板フローリングは使いません。それらの素材は出来上がった時がいちばんきれいな状態で、時間が経つほどに劣化していく材料ですし、含まれている化学物質が人間の健康に対して問題を引き起こすこともあります。

具体的には、下記の素材をよく使用しています。

床 : ムクフローリング(杉、ヒノキ、赤松、唐松、ナラ、タモなど)、リノリウム、コルク、タイル、タタミ

壁、天井 : 左官材(漆喰、珪藻土など)、和紙壁紙、タイル

塗料 : 自然塗料(オイル)、蜜蝋ワックス

外壁 : 左官材(漆喰、薩摩中霧島壁など)、ガルバリウム鋼板、ムク板(杉、末、米杉など)



Q:なぜ自然素材にこだわっているのですか。

A:私が住宅設計の仕事をはじめた20年ほど前(1995年頃)は、まだ建築に使われる建材の規制が厳しくない時代で、ようやくシックハウス症候群や化学物質過敏症といった問題が少しずつ問題になりはじめた頃でした。

勤めていた設計事務所では、それ以前からずっと自然素材にこだわった住宅を設計していたため、実際に化学物質の影響やアレルギーで苦しんでいる方の住宅設計に携わる機会もあり、長い時間を過ごす家に使われる素材の重要性を、仕事を通して日々感じていました。

そしてそういった健康の問題もありますが、単純に化学的な建材よりも自然素材の方が気持ちがいい、ということも大きいです。
ムクの床板は足ざわりよく、木や土、紙の壁は調湿性に優れていますので、気持ちのいい家づくりには最適だと思っています。

そして自然素材、特にムクの木は時間を経るごとにどんどんと色が変化し、艶が出て味わい深くなっていきますので、長く大切に使っていくことができると思います。



Q:自然素材はメンテナンスが大変ですか。

A:外部の雨がかかる部分に木を使う場合、塗装をすることで雨や紫外線から守るだけではなく、できるだけ軒を深くするなどして雨がかかりにくくするようにしています。
それでも外部の木部の場合は、状況にもよりますが最初の数年目にいちど再塗装をし、その後は状況にあわせて塗装していくのがベストです。

室内の床材やカウンターなどの木部については、使用した塗料にあわせて、日常にも簡単に使用できるメンテナンスワックスの使用をおすすめしています。
和紙の壁紙は、ビニールクロスと比較すると汚れがつきやすく、左官の壁は固いものをぶつけると傷がついたり、欠けたりする場合もあります。
汚れの種類や程度にもよりますが、ある程度は補修は可能です。

私自身は、自然素材のメンテナンスはそんなに大変なものではないと思っていますが、新建材と比較すると手間がかかるものもあると思いますので、自然素材特有の傷や汚れのつきやすさが気になりすぎる神経質な方には、自然素材は向いていないかもしれません。



Q:自然素材は高いのですか。

A:使う素材にもよりますが、一般的な家によく使用されている合板フローリングやビニールクロス、ペンキなどと比較すると自然素材の方が高くなります。素材自体もですが、それを工事する職人さんの手間についても、自然素材を使う場合の方が高くなるものが多いです。

ですが、そんなに極端に高価なものだけでもないので、使う場所によって種類を選んだり、生産者が直接販売しているムダな流通が少ない材料を探したりするなどの工夫をして、できるだけコストを抑えるようにしています。

構造について

img_7773-w

Q:構造は木造だけなのですか。

A:いろは設計室では、基本的には木造の建物を設計しています。
場合にもよりますが、日本の風土や気候にいちばんあっていることと、他のRC造や鉄骨造と比較してコストが抑えられること、将来的な改修もしやすいことなどが木造のいいところだと思っています。そして何より木が好きだということが大きいです。

例えば傾斜地などで構造をRC造にした方がいい場合など、必要によっては木造以外を選択する場合もあります。



Q:構造はどのように決めているのですか。

A:いろは設計室では、すべての家で構造の専門家による構造計算をおこなっています。
一般的には木造2階建てまでの場合は、壁量計算と金物の検討をする程度の簡単な検討を行っているのみの場合が多いのですが、より安全性を高めるために、専門家による構造計算を行い、構造についての検討を行っています。

家具について

img_2319-w

Q:リンベーションした部屋にあわせて家具をつくることも可能ですか。

A:これまで使っていた大切な家具にあわせて新たな家のプランや素材の雰囲気を考えることもできますし、反対に新たな家にあわせて家具をつくることもおこなっています。
オーダーでつくるだけではなく、イスや照明、カーテンなどを選んでインテリア全体のコーディネートをすることも行っています。

例えばダイニングテーブル。
家族みんなで食事の時以外にも使える大きなものがいい場合もありますし、コンパクトな家ではスペースを有効に使えるように円卓にしたり、キッチンとつながったカウンターのようなテーブルをつくることもあります。
ムクの木はそれぞれに木目や色やかたさが違うので、日々の使い方や使う方の好み、床や扉の色との相性などを考えてつくっていることが多いです。ほんの少しの高さの違いや奥行の違いで食卓の雰囲気はグッとかわります。

例えばテレビ台。
イスに座るのか、ソファーに寝ながら見るのか、床にゴロっとしながら見るのかによって見やすいテレビの高さもかわってきますし、最近は機器類のサイズが小さくなってきているので、これまでのものよりも小さくても十分な場合もあります。
そもそもテレビを壁掛けにしてテレビ台をなくし、DVDなどだけ入れる収納棚だけにすることもできます。

こんな風に、それぞれの家や暮らし方にあわせてひとつづつぴったりのものをつくったり選んだりしています。



Q:キッチンはオーダーで製作することもできますか。

A:ご要望やご予算にあわせて、オーダーで製作することもメーカーの既製品を使うこともどちらも可能です。
詳しくは、これまでの事例をまとめたこちらのページをご覧ください。

img_2362-w