toggle
2018-11-15

プラネットジャパン

先日、自然塗料や左官材のメーカーである「プラネットジャパン」さんへ見学に伺ってきました。
本社は大阪なのですが、関東支社がさいたま新都心駅から徒歩で少しのところにあり、1階はショールームになっています。

建物の設計は建築家の竹原義二さん。
中庭のような形状になっているところには大きな木が植えられていて、室内からはそれが見えるようになっているので、住宅街に建っているのですが、建物の中に入るとそれを感じずに、とても居心地がよかったです。

ショールーム以外のオフィス部分や社員の方の宿泊部屋など建物全体を案内していただきました。
壁には左官材料があれこれ使われていて、色や仕上げ方、混ぜるものによっていろいろな表情が使い分けられていました。仕上げ方によっては左官を水まわりに使うこともできるのですね。
木の部分には自然塗料である「プラネットカラー」が塗装されていて、これも場所や用途によっていろいろな塗料が使われていました。

いろは設計室では、室内も屋外も木部の塗装には、植物油やワックスを使用した自然塗料を塗っています。
いやなニオイ(シンナー臭)がすることもありませんし、手などについてしまっても安全なので、住まい手の方がご自身でも簡単に塗ることができます。

自然塗料のメーカーはいろいろあり、これまでにも今回の「プラネットカラー」の他にも、 「オスモカラー」 「リボス」 「アウロ」、などを使っています。

今回「プラネットカラー」の説明を詳しく伺って、使用場所や樹種にあわせた塗料の選び方や色の作り方などもいろいろ教えていただき、実際にまた使用してみたいと思いました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA