toggle
2016-12-22

素材

img_2162-w

ここのところ東京はあたたかな日が続いていて、だいぶ過ごしやすい毎日です。

昨日12月21日は冬至でした。1年でいちばん太陽の高さが低くなり、日照時間が最も短くなる日ですね。
日の出時刻(東京)が6時47分ですから、かなり明るくなるのが遅くなりました。でもおかげで朝日がのぼるきれいな瞬間をみることができて、さわやかな気分の1日のはじまりです。

写真ではわかりにくいですが、しばらく続いていた永代橋の工事が少し前に終わり、養生がなくなりスッキリしました。ライトアップも再開したので夜もとってもきれいな景色が戻ってきました。



今年も残すところあと10日。だんだんと1年の終わりに向けてあわただしくなってきました。
そんな中、先週末は今年最後の無料相談会の日でした。

今回は2日にかけて、2組の方とお会いしました。
1組目の方はマンションリノベーションを検討中の方。現在マンション探しをしている途中で、よさそうな物件があったということで、プランの工夫についてや、スケジュール、費用などのお話をしました。

そして2組目は新築をご計画中の方。敷地が決まっていらっしゃるのでその状況や家づくりのご希望などをお聞かせいただき、いろは設計室の考え方やこれまでの事例、スケジュールについてなどをお話しました。

素材についての話もしました。
現在では「自然素材を使う」ということは、メーカーなどの一般的な家づくりでもよく言われるようになってきました。でもその多くは表面の仕上げ部分に使われる床や壁、天井などの素材のことだけを指していることが多いように感じます。

それももちろん大事なことですが、家が完成してしまうと見えなくなる壁・屋根・床の断熱材や下地材、接着剤や防蟻処理の方法など、仕上げ材だけではないところに、どんな素材を使ってどんなつくり方をするのかについても、人にも環境にもやさしく安心して暮らせる家をつくる上では大切なことです。

好み、健康状況、年齢、予算、求める性能、敷地などの状況もひとりひとりみんな違うので、すべての人にとってのこれが正解という答えがあるわけではありません。
すべていちばんいいスペックのいちばん好みのものを選択することができればいいのかもしれないのですが、それは予算をオーバーしてしまうこともあるかもしれません。

家のつくり方や間取り、性能、素材について、そういったことひとつひとつについての方法や可能性を提案し、メリットデメリットや費用などを検討した上で、全体のバランスをとって計画をまとめていくのが設計をするということなのだと思います。

今回はそんなお話をしました。
いいご縁につながっていくとうれしいです。



次回は年明け、2017年1月8日(日)10:00からです。
(他の日をご希望の方は、できるだけ日程をあわせるよう検討しますのでお問い合わせください。)

詳しくはこちらをご覧ください。
お待ちしてます!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA