toggle
2016-06-27

リノベーション現場、スタート

omiya-01

マンションリノベーションを専門に行う「ワタシクラシ」での工事が今月からはじまりました。

内装や設備をすべて撤去してコンクリートの状態にし、新しい住まいをいちからつくっていく「スケルトンリノベーション」をおこないます。
床や扉、家具などには木を使い、自然素材で仕上げた気持ちのいい空間にうまれかわります。

マンションの場合、角部屋でなければ窓の方向や数が限られてしまうので、風通しがよくない場合もよくあります。
このマンションでも解体前の間取りはそのような風通しのよくない場所もありましたが、今回の計画では風も人もあちこち通り抜けができるプランになっているので、便利で暮らしやすい家になるはずです。

omiya-02
上の写真は、解体が終わったところ。
現在は窓や扉の枠、家具などの細かい部分のデザインや納まりがほぼ決定したところですが、リビング・ダイニングの窓がこの家の中でとてもいい場所になると思いますので、その仕上がりがとっても楽しみです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA