toggle
2016-03-22

いろんな敷地いろんな暮らし

<3134502D31355095E982E782B591CC8AB483638341815B817593EF82B582A29
数年前から設計者の仲間たちと活動を続けている「あいらぼ」では1~2ヶ月に1度、家づくりを考えている方に向けてお話をする「暮らしの学校」という会を行っています。

昨年からは話を聞いていただくだけではなく、実際にわたしたち設計事務所が設計した家を体験していただきながら、毎回のテーマについて2、3人の設計者がお話をしています。
写真や図面ではわからない、実際にその場所に行ってみたからこそわかる気持ちのよさをぜひ体験してみてください。

次回の開催は3月26日(土)13:30からです。
「いろんな敷地いろんな暮らし」と題して、変形敷地や密集敷地、傾斜地など、ちょっとむずかしい敷地に建てた家のお話しです。
今回はまず最初に市川淳さん(市川設計)が設計した「だんだんの家」(上の写真の家です)を実際に見学していただき、その後市川さんと、平間千恵子さん(スモールスペース)と、相羽建設の遠藤誠さんから、実例紹介や敷地さがしについてのお話があります。

詳しくはこちら (リンク先)をご覧ください。

「あいらぼ」のブログはこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA