toggle
2015-04-28

HP更新しました

tatebayashi-2
ホームページの設計事例「館林の家」を追加しました。
ゆとりのある敷地に建つ平屋の住宅です。

この敷地のところで道路が終わっていて行き止まりのため、隣地の人以外は通行する人がなくてとても静かな土地なので、素直に南側に開放的な大きな窓をつくり、十分な明るさと日あたりをとることができました。

写真奥に少し写っているのが書斎コーナーです。パソコン作業などをするための机や本棚が入っています。
居間からは1段下がっていて、天井が低く小さく囲われたスペースなので、居間の開放的な雰囲気とは違った落ち着きのある場所です。

館林は夏の暑さも冬の寒さもきびしい地域なので断熱も十分に施工しました。
先日お伺いした時には、冬はあたたかく過ごせて、光熱費も下がったといううれしいお声をいただきました。

館林(群馬県)へは子供のころに一度行ったきりで、この家の設計がはじまるまで館林のことはほとんどよく知らなかったのですが、打ち合わせや現場監理で訪れるたびにおいしいお店や素敵なカフェなどに連れていっていただき、館林のよさを垣間見せていただくことができました。
いやー、ホント楽しかったです。

いつも自分がいるエリアから離れたところでのお仕事は新しい発見があってとても楽しい現場通いでした。

館林の家
 設計・監理 : いろは設計室
 施工 : 関口建設

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA