toggle
2011-07-15

我孫子の家

築35年ほど経った住宅の改修です。以前は敷地いっぱいに家が建っていましたが、1階の和室をひと部屋解体し、全体の面積を小さくしたことで、居間の前には庭となるスペースができ、ゆとりがうまれました。
 
古くなった浴室、洗面所、トイレ、台所などの水廻りや電気設備を新しくして暮らしやすくするとともに、構造の補強や断熱性向上についてもできる範囲で行っています。
床や壁の一部には杉の無垢板を使用。壁の漆喰塗りや床の塗装(自然塗料)は、住まい手が自ら行い仕上げました。
 


写真上の矢印をクリックすると写真がスライドします
 
所在地:千葉県我孫子市
構造・規模:木造2階建(戸建てリフォーム)
設計・監理:いろは設計室
施工:千葉工務店
竣工:2011年
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA