toggle
2010-10-15

木を見に山へ

IMG_1447-b

何年か前から木を丸太で購入し、それを自分のほしい板や柱・梁などの寸法に製材して、
使えるようになるまで乾燥させていました。
(製材の時のことはこちらを → ☆ )

使えるくらいまで乾燥してきたので、まずは自分の事務所のテーブルに使用していることは以前にもちょっと書きましたが、現在工事が進行中の家にもたくさん使うことになり、施主・つくり手・設計者みんなで木を見に山へ行ってきました。

あっちにもこっちにも板を使うところがあるので、どの木をどこに使うのがいいのかをつくり手であるこの方たちに見ていただき、具体的にひとつひとつの行き先が決まっていきました。

IMGP7056-b

ちなみに板を製材してるとき(2年くらい前)の様子はこんな感じ。

大きな機械が大きな音を出しながらどんどん製材していきます。
ものすごくきれいな木(オニグルミ)でした。

いつもこんなにキレイだとは限らないので、製材はいつもドキドキしますが、そこも含めてとても楽しいですし、何よりも設計した家に手の届く価格でいい木を提供できるのでこれからも続けていこう思っています。

いつもお世話になっている製材所はこちらです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA