toggle
2008-10-15

鳩ヶ谷の家

住まい手の祖父がお住まいになっていらっしゃった住宅の改修です。周囲にゆとりがあり、広い庭のある敷地に建つ平屋の住宅で、改修前は二間続きの広い和室を中心に、そのまわりに広縁や個室、水廻りが配置されていました。
 
内外装や建具の傷みは少なかったのですが、より生活しやすくするために、畳敷きだった和室のひと部屋を板張りに変更し、台所と食堂、書斎コーナーをつくりました。
 
欄間や障子などもとの家にあったものはそのまま残しつつも、以前は暗めの色だった壁を白色の左官壁に変更したことで明るくなり、新しいものと古いものがバランスよく混ざった空間になりました。
 


写真上の矢印をクリックすると写真がスライドします
 
所在地:埼玉県鳩ヶ谷市
規模:木造平屋建(戸建てリフォーム)
設計・監理:いろは設計室
施工:榊住建
竣工:2008年
 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA