toggle

設計の進め方

MG_5482-800-0
家を建てる方と最初にお会いする時、家の間取りや広さ、予算のことだけではなく、どんな暮らしをしたいのかというイメージをお聞きしています。ご家族のことや仕事のこと、休みの日の過ごし方、趣味、好きなものなどについて聞かせていただく中で、そのご家族にとってどんな家が居心地のいい家なのかを考えていきます。

家を建てる方の要望は、はっきりとした言葉になっていることもありますが、直接的な言葉になっていない部分から感じとることも多くあります。

お住まいに伺った時の家の様子、もっているもの、着ているもの、話し方、将来の夢などなど、そんな中から見えてくるものもしっかりと受け止めてかたちにするのが、設計でありデザインするということなのだと思います。
家づくりに直接関係なさそうなことも、いっぱい聞かせてください。

具体的なことがはっきり決まっていない段階でのご相談も可能です。
まずはお電話かFAX、メール、またはお手紙でご連絡いただき、ぜひいちど事務所へお越しください。

そしてお互いの相性や感覚があうかどうかを感じてください。
(土地やマンションを探している段階からのご相談もOKです)

家づくりの流れ

1.設計相談
住まいや暮らしに対する想いや好み、敷地のこと、予算のことなどをお聞かせください。
当事務所の考え方やこれまでの実例、予算やスケジュールのことなどもご説明します。
この相談の段階では費用はかかりません。お気軽にどうぞ。

2.設計の申し込み
何度かお会いしたりやりとりをさせていただき、その先一緒に家作りを進めようと思っていただけましたら、申込みをしていただき、基本計画のご提案をいたします。
提案は有料となります。内容により金額が異なりますので詳しくはお問合せください。
その後設計契約を締結した場合には、この申込み金は設計料に含まれます。

3.ご提案
基本計画の提案をいたします。(図面、模型など)
建物の費用だけではなく、家作りにかかる費用全体の概算もあわせて提示します。
提案内容にご納得いただけましたら、設計監理契約を結び、設計がスタートです。

4.基本設計
ご提案した基本計画をもとに、より具体的な打ち合わせを重ねていきます。
構造や設備の計画、仕上げ材料などの仕様についても検討していきます。

5.実施設計
基本設計がまとまりましたら、見積りや実際の工事に必要な詳細な図面を作成します。
ご希望により、置家具や造園のご提案もいたします。

6.見積り・調整
実施設計が完成したら、工事施工業者(1社または数社)へ見積り依頼をします。
見積り金額が出たら、その内容、金額が適切かどうかのチェックをします。
必要な場合は仕様の見直しを行い、予算の調整をし、依頼する施工業者を決定します。
内容が決定したら確認申請など役所への手続きを行います。

7.工事契約
施主と施工業者との間で工事契約を交わし、いよいよ着工です。

8.工事監理
工事が始まりましたら、工程により1、2週間に1回程度のタイミングで現場へ行きます。
設計図面通りに工事が進められているかどうかの確認をします。
工事の進み具合にあわせて、施主へのご説明や確認をいたします。

9.完成・引渡し
工事が完了しましたら、役所や検査機関による完了検査を受けます。
施主・設計・施工業者による検査・確認をして、必要があれば補正工事を行い、お引渡しとなります。

設計監理料について

設計監理料は、規模や構造、ご要望によりますので、詳しくはお問合わせください。

・一般的な木造住宅の新築工事の設計監理料は、工事費の11%~12%程度となります。
(新築の場合、設計監理料の最低金額は220万円)
(2017年11月より変更しました)

・戸建住宅の改修工事の設計監理料は、工事費の15%~となります。
(2016年9月より変更しました)

・マンションの改修工事の設計監理料は、工事費の15%~となります。
(2017年11月より変更しました)

・構造計算の費用は上記の設計監理料の中には含まれていません。

・確認申請、完了検査の手数料が別途必要になります。

・建設地が遠方(飛行機や新幹線利用、宿泊を伴う等)の場合は、別途交通費が必要な場合があります。

家づくりにかかる時間の目安

設計がスタートしてから家の引渡しまで、1年から1年半程度の時間がかかります。
(一般的な木造2階建、延床面積40坪程度までの場合)
内容によっては申請などの手続きに時間がかかることもあります。
完成時期にご希望がある場合には、お早めにご相談ください。
できる限り対応できる方法を検討いたします。

相談やお問い合わせ、資料請求はこちらからどうぞ。
具体的なプランのご提案をする前までの相談は、何度でも無料です。